アドセンスはキーワード選びが大切!タイトルにもしっかり盛り込もう!

目安時間7分

アドセンスってキーワード選びが大切ってよく言われるんですが聞いたことがありますか?

私もしっかりアドセンスを学ぶまでとにかく記事を書けば良いって思ってたんですが、それじゃ~いくら書いてもアクセスは集まらないんですよ。

アドセンスって広告がクリックされてはじめて報酬が発生します。

ということは、とにかくブログが読まれないと収益は伸びないって事なんですよね。

で、どうやってブログを読んでもらうかというと、GoogleやYahooなどの検索エンジン経由で読んでもらうのが王道です。

検索されたときに上位に表示されることでブログを読まれる機会が増えて収益がグングン上がってくるんですね。

 

検索エンジンで上位表示されるコツは?!

検索エンジンで上位表示されるには、内容(コンテンツ)が充実しているというのはもちろんですが、タイトルや本文中にどれだけキーワードを入れられるかも大きいです。

どういうこと?!

って思う人も居ますよね。

自分が何かを検索する時のことを思い出してみてください。

例えば

「コンビニのおにぎり買い過ぎた~冷凍って出来るのかな?!」

と思ったらどう検索しますか?

たぶん

「コンビニ おにぎり 冷凍」

なんて検索ボックスに打ち込みますよね。

検索結果って見てもらうと

タイトルに「コンビニ おにぎり 冷凍」と入ったものが上位に来ていますよね。

知りたいことがタイトルに入っているって必須です。

1位の記事の様に冷凍したら当然知りたいであろう解凍方法なんかもタイトルに入れてあげると自分のより知りたい内容だ~ってなりますよね。

検索する人が知りたい内容が書いてあるというのがタイトルからわかるというのが上位表示の大切な要因ですよ。

もちろん文章の中にもタイトルで使ったキーワードはもちろん、関連のキーワードもしっかり散りばめてくださいね。

キーワードの選び方のコツは?!

ではでは肝心のキーワードの選び方はどうしたら良いんでしょうね。

先ほどの「コンビニ おにぎり 冷凍」だと、検索の2位が知恵袋なのでまだまだ狙い目のキーワードになります。

例えばこれが

「コンビニ」

と検索したらどうでしょう。

 

こんな感じで大手コンビニの公式サイトとかが出てきますよね。

これは太刀打ちできません。

キーワードを検索してみて上位に公式サイトなんかがずらっと並んでいるキーワードはいくら頑張っても上位表示は難しいので避けましょう。

そこで使いたいのが

Good Keywordです。

「キーワードを入力してください」

この部分に気になるワードを入れていきます。

今回は「コンビニ おにぎり」と入れてみましょう。

 

画像の様に「コンビニ おにぎり」に関するキーワードがたくさん出てきます。

この中で気になるキーワードを選んで行けばOKです。

先ほどの「コンビニ おにぎり 冷凍」の様に知恵袋などのQ&Aサイトが出てくればライバルが弱いって一目瞭然なのでチャチャっと記事にしちゃえばOKです。

ライバルサイトのチェックの仕方は色々あるんですが、簡単なのはQ&Aサイトが出てくるかなので最初はこれで判断してみてくださいね。

ついでに言っておくと、右下のグラフですがどのぐらい検索されるかを表してるんですが、右肩上がりって事は年々検索される割合が増えているって事です。

こう見ると「コンビニ おにぎり」で結構記事を書いたらアクセスが増えそうですよね。

コンビニ おにぎり ○○の「○○(3語目のキーワード)」の部分を色々変えてライバル弱めのキーワードを探してみると良いですよ~^^

タイトルにキーワードを盛り込む時のコツは?!

タイトルにキーワードを入れるのが重要って言うのは分かってもらえたかなと思います。

そこでどうやってキーワードを入れるかですが、難しく考えずにタイトルの左側になるべくキーワードを寄せて入れましょう。

その時気を付けることは2点

  • キーワードの並び順を入れ替えない。
  • 複合キーワードの間を切らない。(!、。などを入れるとキーワードが切れちゃいます。)

キーワードの並び順を入れ替えないとは?!

今回のキーワードは「コンビニ おにぎり 冷凍」です。

〇「コンビニのおにぎりは冷凍できる?」
×「おにぎりってコンビニのは冷凍できる?」

下の様に入れ替えちゃダメって事です。

複合キーワードの間を切らないとは?!

複合キーワードというのは「コンビニ おにぎり 冷凍」の様に2つ以上の複数の単語をまとめて1つのキーワードとしてみているものを言います。

×「コンビニのおにぎりを買い過ぎた。冷凍は出来るの?」

こうやっちゃうと「コンビニ おにぎり」「冷凍」という風にキーワードが分かれて認識されちゃうんですね。

「コンビニ おにぎり」で検索しても「冷凍」で検索してもどちらも上位に食い込むのは難しいですよ。

せっかく狙い目のキーワードを見つけたのに切ってしまうとその効果が発揮できません。どうしても。、などで切りたいとなった場合は「 」スペースで区切りましょう。

〇「コンビニのおにぎりを買い過ぎた 冷凍はできるの?」

見た目はほぼ一緒ですが、スペースで区切ったキーワードはちゃ~んと「コンビニ おにぎり 冷凍」という複合キーワードとみなされるので上位表示されやすくなりますよ。

まとめ

アドセンスで稼ぎたかったらキーワード選びが大切って言われる理由がわかってもらえたのではないでしょうか。

イマイチ...なんて人も、とにかく今回ご紹介した「複合キーワード」を意識してブログ記事を作成するようにしてみてくださいね。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール



4歳のやんちゃ盛りの息子を育てるシングルマザーです。派遣社員の傍らアドセンスで副収入を得ています。
詳しいプロフィールはこちら

 最近の投稿
ランキング応援お願いします。
メタ情報

ページの先頭へ